NiigataにSDGsの
ネットワークを広げよう

地域創生プラットフォーム「SDGsにいがた」準備会とは

SDGsが掲げる17のゴール、169のターゲット、232の指標は、企業活動や地域づくり、市民生活に関わるものです。
この考え方を取り入れることによって、地域の経済・社会・環境にも持続可能な振興と発展の好循環が生まれると期待されています。

SDGsはビジネスチャンスや地域活性化を導く鍵にもなるということです。

新潟県内でSDGsに基づく企業活動や地域づくりを推進し、経済・社会・環境の好循環を地域に生み出すため、地域創生プラットフォーム「SDGsにいがた」の創設を目指します。SDGs関連情報を収集・発信し、企業、自治体、教育・研究機関、各種団体、地域のネットワークを広げ、それぞれがそれぞれのSDGs課題に取り組めるよう後押しします。

2020年度はその準備会として、新潟県、新潟大学、第四銀行・北越銀行、新潟博報堂、新潟日報社が推進メンバーを務めます。(準備会事務局は新潟日報社内に設置します)

2020年4月

「SDGsにいがた」が目指す3つのミッション

企業と地域の未来をつくる
産学連携でビジネスチャンスにも
経済、社会、環境に好循環を

にいがたSDGsフォーラム2020の様子

会員相互をつなぎ
 明日への果実を

活動内容

●ホームページでの情報収集と発信

SDGs関連のセミナーやイベント、会員企業・団体・自治体の取り組みを紹介します。

●テーマごとにセミナー開催

ビジネスチャンスのつくり方など、分野や立場に応じたSDGsの生かした方をテーマに、
年9回のセミナーを開催する予定です。

●新潟SDGsアワードの実施

年度末に会員企業・団体からの推薦などを通じて、SDGsに関した取り組みを選考し、表彰します。

●ネットワークの積極活用とソリューション

会員の中でメディアパートナー(新聞、テレビ、広告代理店など)やソリューションパートナー(自治体、大学、金融機関、市民団体、SDGs先行企業など)と会員をつなぎ、SDGs関連の広報宣伝や調査・研究、経営改善や技術・システムの開発などを後押しします。

入会のご案内

年会費 1口 1万円

※複数口の申し込みも可能(セミナー参加人数:1口1人)
※初年度となる2020年度はホームページの作成、セミナー開催などの費用に充当します。

【会員メリット】

◇年9回(予定)の啓発セミナーに1口につき1名が参加できます。
 ※口数に応じて参加人数を増やせます。
 ※会員の教育機関に在学中の学生・生徒・児童の参加は自由です。
◇このホームページに独自のSDGs関連情報を載せることができます。(IDを付与し書き込みを可能とします)
◇会員社名、団体名がこのホームページに掲載されます。(個人会員は任意)
◇SDGsに関連する課題があれば、課題解決機能をもつ会員(大学、団体、民間企業等)へ相談することができます。
◇独自の取り組みを「分科会/連携事業」として実施することができます。
◇会員企業・団体の取り組みを表彰する「新潟SDGsアワード」への参加ができます。
◇ SDGs関連事業に取り組む際、クラウドファンディング「にいがた、いっぽ」を使ってプロジェクトオーナーとして資金調達をすることができます。